表参道でのブランド販売の意味

表参道でのブランド販売の意味

マーケティング用語でブランディングという言葉がありますが、自分の会社の商品をどう売り出していくのか(ブランド 販売)ということはブランディングにかかっていると私は考えています。それは表参道にあるお店をまわってみた時に実感しました。表参道に出店しているお店は数多くありますが、どれも大企業のブランドばかりではありません。中には新規出店のお店などもあり、一号店から破格のテナント料がかかる表参道に出店するのです。私は一見非効率であるこのようなお店に、ブランド 販売においうて大切な戦略があったのだと気付きました。世界の中でも特に日本人はその土地に対するブランド力のようなものを感じていることが多いです。たとえば同じものでも、地方のあまり大きくない都市などで購入したものよりも、表参道などの一流ブランドが多く立ちならぶお店で購入したものの方が高級、オシャレといった感覚を持ちやすいのです。同じように一号店や本店が表参道のようなブランド力のある土地にあるのか、普通の土地にあるのかでお店のイメージ自体がガラリと変わってしまいます。ブランド販売において自社のブランドを高級路線で売りたい場合は表参道に出店するということは売上の採算がたとえ取れなくても充分意味のあることなのだと思います。実際に表参道にある多くのお店ではほとんどお客さんが入っていないように見えるお店もありますが、狙いはそこではなく、表参道に本店があるというブランドイメージだったのだと知ってからは納得できました。

新着情報

おすすめサイト

関連情報

Copyright (C) 表参道でのブランド販売の意味 All Rights Reserved.